【Windows11】VagrantとVirtualBoxを使ってのubuntu環境構築メモ

qlog公式からのメッセージ:ログインをしていなくてもいいねを押すことができます!

もろもろのダウンロードから仮想マシン起動まで

windows PSの管理者権限で

Set-ExecutionPolicy Bypass -Scope Process -Force; iex ((New-Object System.Net.WebClient). DownloadString(' https:// chocolatey. org/ install. ps 1'))

chocoコマンドが使えるようになるはずです。

> choco install -y vagrant
> choco install virtualbox
> vagrant box add ubuntu/focal64

もしくは実際に

ttps://vagrantcloud.com/ubuntu/boxes/focal64/versions/20231207.0.0/providers/virtualbox/unknown/vagrant.box
(※開くとすぐにダウンロードが開始されます。)
ダウンロードしてきて

ダウンロードファイルのpathを指定して、

> vagrant box add ubunt/focal64 "パス"

をします。

できてるかの確認は

> vagrant box list

で確認。
できてたら

> mkdir ubuntu
> cd ubuntu
> vagrant init ubuntu/focal64
> vagrant up

をすることで仮想マシンが起動します。

起動できてるかどうかは

> vagrant status

で確認をします。
正常に動作していた場合、

> vagrant ssh

でログインをすれば構築の終了です。

いろいろなこと

sudoをしたときにパスワードを求められたら

vagrant

を打てば大丈夫な場合があります。

仮想マシンからのログアウト

$ exit

仮想マシンのシャットダウン

> vagrant halt

もしくは
ログイン状態で

$ sudo shutdown -h now

yusa